So-net無料ブログ作成

久住高原ロ-ドパ-クの紅葉

           天気の良い日でした。紅葉見物に久住へ行って来ました。

   IMG_6532.jpg

             道路沿いには綺麗な紅葉が沢山有ります。

   IMG_6543.jpg

   IMG_6655.jpg

      阿蘇の方面の草原の風景です。樹木が2本立っています。絵になります

   IMG_6657.jpg

                牧場の家畜小屋と久住連山です。

   IMG_6716.jpg

                   一番綺麗な紅葉の場所です。

    道端の駐車場で家から作って来た、おにぎりを食べ、最高に美味しかったです。 


コメント(4) 

阿蘇へドライブ

     何年振りかで、噴煙が立ち昇る阿蘇へドライブして来ました。黒煙を上げる中岳に

     期待して居たのですが、車は草千里迄で立ち入りが規制されていました。 

     5.jpg

            阿蘇の外輪山のススキがとても綺麗です

     IMG_6388.jpg

                 農家は今が稲刈りの盛りでした

     2.jpg

           草千里と阿蘇の噴煙です。今日は水蒸気の噴煙だけです。

     3.jpg

     途中に有る、米塚です。前は山へ登れたのですが、登山者が踏み荒らし今は閉鎖

     されて、復興の作業をしてます。

     4.jpg

     秋空に映える阿蘇の外輪山です。此の道はドライブコ-スです。今はススキが

     綺麗です。 天気も良く楽しいドライブが出来ました。


コメント(8) 

小浜の夕焼け

    長崎県の小浜温泉へ行って来ました。行く途中で雲仙・仁田峠へ立ち寄りました。

    IMG_6241.jpg

    仁田峠の展望台より、阿蘇山の噴火の煙を見る事が出来ました。こんな遠くからも

    煙が見れるとは思っていませんでした。

    IMG_6266.jpg

    雲仙ロ-プウエィの中からも見えました。前の山は昭和新山です。未だ紅葉には

    早すぎました。

    IMG_6323.jpg

    小浜温泉の夕焼けです。綺麗でした!何枚も写真写しましたが、これが一番です。

    IMG_6351.jpg

    帰りは神代、鍋島邸の武家屋敷を見学しました。石塀に小石が積んで有るのは

    侵入した敵に石を投げて、撃退する武器だそうです。


コメント(4) 

洞海湾岸工場夜景クル-ズ

     バスツァ-初めて洞海湾夜景見学へ行って来ました。昼間は世界遺産、

    八幡製鐵所事務所と北九州門司麦酒煉瓦館の見学でした。

      IMG_6114.jpg

           八幡製鐵所旧本事務所でする。これが世界遺産だそうです。

      IMG_6160.jpg

      北九州門司麦酒煉瓦館、松ノ木は400年も経って居るそうです。

      前の道は長崎街道だったと

     IMG_6170.jpg

              洞海湾の夜景です。 綺麗でした!

          IMG_6195.jpg

    若戸大橋の橋桁です。高さが19m有ります。ライトで綺麗に浮かび上がってます。

     IMG_6204.jpg

      若松区洞海湾を挟んだ工場の夜景です。建物は三菱化学(株)黒咲き事業所

      家に帰り着いたのは夜中でした。      


コメント(4) 

稲の収穫とコスモス

    良い天気が何日も続いています。近くの田んぼでは稲刈りの真っ最中です。

   IMG_6085.jpg 

        コンバインの後ろから、カラス、アオサギが着いていきます。

   IMG_6097.jpg

               白鷺も隠れて居ました。

   IMG_6208.jpg

     毎年、同じ所でコスモスが沢山咲いています。もぅ直ぐ花見が有るでしょう 

   IMG_6213.jpg

   IMG_6214.jpg

          溝の近くに黄色いコスモスの咲いてました。


コメント(8) 

電線に留まったツバメ

      いよいよ10月、昨日から少し寒く成って来ました。今日は長袖、長ズボンと来ています

     昨日、暖かい一日でした。ツバメ達も電線で羽を休めて居ました。

     IMG_6083.jpg

     100.jpg

            IMG_6080.jpg

        我が家の近くの電線です。見ていると可愛いく感じます。もぅ直ぐ南の島へ

         飛んで行くのでしょう。又来年の春に、全羽帰って来て欲しいです。


コメント(4)